よくある質問

1. 我が社の営業スタッフ(マーケティング担当)は売り込みをしません!

6ヶ月後,1年後の為に活動していただきます。
今月の売上は3ヶ月前にはほぼ決定済みです。
「夜討ち朝駆け」「足で稼げ」営業は我が社では不要どころか通用しません。
そもそも、頭を下げて買って貰う販売店が無いのです。

→先頭へ戻る

2. 営業スタッフ(マーケティング担当)は何をしているのですか?

「音楽のある豊かな生活」を提供する仲間作りをしています。
当社の理念に賛同する加盟指導者(=講師)を見つけます。
理念を実践できる指導者を9ヶ月掛けてじっくり育てます。
教務スタッフが認定試験を実施し晴れて指導者に認定します。
指導者の地元に教室を作るアドバイスをします。
指導者・会員(生徒=ユーザー)の慰問演奏に協力します。
NHKホールやカーネギーホール等での演奏会を実施します。

→先頭へ戻る

3. それで売上は出来るのですか?

当社はいわゆる物販業ではありません。
会員の自己実現のお手伝いを指導者と共に行う事が当社の存在価値です。
「こんな素晴らしい事が出来て気分が良い」
「社会貢献したら感謝されてこちらが反って嬉しい」
「仲間との語らいに時間も忘れて満足」
会員の感動の大きさが当社の売上です。

→先頭へ戻る

4. 何だか難しそうな仕事では?

社員個々人に年間の行動計画を具体的に立てます。
全社員で経営計画策定会議を開催します。(4月-6月)
翌年度に実施しなければならない経営課題を全社員で分担します。
個人の行動計画は月に1-3個で具体的です。
それらを着実に実践するだけで売上が達成可能です。
例えば『発表会の開催』は計画書に以下のように書かれています。
1月 発表会の開催概要検討
2月 発表会の募集要項作成
3月 発表会の募集開始
5月 発表会の募集締め切り
6月 舞台関係者と打ち合わせ
7月 プログラム作成
8月 本番スタッフ作業分担表作成
9月 発表会本番

→先頭へ戻る

5. 指導者(加盟講師)を使役・搾取するのですか?

指導者は共通の理念で結ばれた仲間です。
積極的に指導者に活動して貰うにはお互いの信頼関係が必要です。
定期的な講師会の開催や個人面談を営業スタッフが開催し人間関係を構築します。
教務スタッフは指導者研修会を年1回各地で開催し指導者の自己研鑽に協力します。
毎月、指導者ニュースを発行し情報の伝達共有を進めています。

→先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る