社長メッセージ

トップメッセージ

Profile

昭和53年 名古屋工業大学 経営工学科卒業、ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社
昭和56年 岩間楽器株式会社 入社(現株式会社ライリスト社)
昭和58年 取締役就任
平成4年 代表取締役就任
平成5年 社団法人大正琴協会 理事就任

会社の3〜5年後のビジョン、そこに向けての戦略

大正琴、オカリナに次ぐ、次世代シニア向けの楽器教室の開拓。

 早くから高齢化社会に着目して始めた、大正琴とオカリナのシニア向けの音楽教室は、全国のシニア世代に音楽のある心豊かな生活を提供することができました。昭和歌謡やフォークソング・グループサウンズで育った世代に、大正琴とオカリナがマッチングしたことが成功の要因です。
 今後は、次世代のシニアである30代〜40代の心を掴む音楽教室を提案していかなければなりません。また、日本から少し遅れて高齢化が進行するアメリカ・EUへの海外進出も考えています。高齢化社会を最初に経験した日本のビジネスモデルは必ずや世界に通用すると考えています。私自身、新しいことが大好きなのでワクワク楽しみながら新事業に取り組んでいきます。

戦略実現の上で課題と、そのために実現したいこと

新しい取り組みは、私がゼロから開拓します。

 1034人による大正琴のアンサンブル演奏や650人によるオカリナのアンサンブル演奏でギネス世界記録を獲得、そして2014年11月世界最大人数2489名の音楽レッスンを名古屋ドームで開催しこれもギネス認定。海外演奏旅行はカーネギーホールでの大正琴単独公演を実施。愛知万博・上海万博そして2015年ミラノ万博では168名の会員と共に日本館ステージで演奏。さらに、大正琴の歴史テレビ番組の自主制作放送など、新しい取り組みは、交渉からすべて私が先陣を切って進めています。
 代表である私が失敗の責任を取るつもりで自ら動くので、社員は自由に挑戦できます。その結果、高いハードルを超えたモデルケースを社員が日常的に行えるようになって来ました。次の課題である次世代シニア向けの楽器教室の開拓に向けて、大正琴とオカリナでビジネスモデルは完成しているので、楽器を何にするかを現在、様々なマーケティングをしながら進めています。

以上の戦略実現に必要な人材

音楽が好きで、人を喜ばせることが好きな人。

 音楽が好きなのは大前提です。ただ、指導者の発掘や教室運営のサポートは人間関係が大切ですし、イベント開催のため準備に追われるなど、大変なことも多いです。コミュニケーション力があり、イベントや音楽を通じて生徒さんたちの笑顔を見ることに幸せを感じられるような、ボランティア精神がある人がいいですね。

当社で得られる成長や、それをサポートする機会・環境

充実の研修制度と社会貢献をしながら成長していきます。

 入社前から内定者研修で全国の演奏会のスタッフに加わるなどして会社や仕事に慣れていただきます。
 4月には社員全員2日間の泊まり込み研修でマネージメントゲームを行います。各自が一人1社を設立して4期経営し、販売入札で売上を競い、決算書を作ります。これは社員全員で競うので、上司が新入社員に負けることもあり、非常に盛り上がります。
 また、次年度の経営計画書を5-6月にかけて新入社員も経営計画策定会議に参加作成するので、目標達成のために自分がどう頑張ればいいのかも明確にわかります。研修や日々の仕事を通じて成長する機会はたくさんあります。加えて、慰問演奏活動などの社会貢献しながら音楽の大切さを感じられると思います。

就職活動生へのメッセージ、エール

音楽を楽しむように仕事も楽しもう!

 私は「音楽を仕事にする事を諦めるな」と学生の皆さんによく言っています。たくさんの人々に笑顔をもたらす「音楽のある心豊かな生活」を提供する仕事がこんなに楽しいんだ!ということを伝えたいですね。本当は私が一番楽しいのですが・・・きっと弊社に入社すれば「音楽をやっていて良かった」と思える日が来ますよ。

ページの先頭へ戻る